2007年12月15日

水戸バッハコレギウム コンサートinキアラ 聖夜に寄せて―合唱とオルガンの調べ


水戸バッハコレギウム コンサートinキアラ 聖夜に寄せて―合唱とオルガンの調べ

concertinkiara.jpg

皆様のお蔭をもちまして、盛大の内に終了いたしました。
ご来場の皆様並びにご協力・ご支援いただきました皆様に厚く御礼申し上げます。

20071215コレギウムinキアラ 057.jpg

2007年12月15日(土) 13:30開場 14:00開演

会場

茨城キリスト教学園チャペル<キアラ館>
・茨城県日立市大みか町6-11-1
JR常磐線大甕(おおみか)駅下車徒歩10分

曲目

J・S・バッハ《高き天より》
Z・コダーイ《来たれ、エマニエル》
C・フランク《パストラーレ》
J・S・バッハ《シェメッリ歌曲集》から
F・メンデルスゾーン《讃歌》
《クリスマス・キャロル集》

20071215inkiara.jpg
organ20071215inkiara.jpg
soprano20071215inkiara.jpg

オルガン独奏  長澤  順
ソプラノ独唱  山崎 法子
  指揮    佐藤希久雄
  合唱    水戸バッハコレギウム合唱団

入場料 1000円(全席自由)


※「早春に寄せて―弦楽の調べ」も2008年2月23日(土)、盛大の内に終了いたしました。
厚く御礼申し上げます。
詳細はこちらをご覧下さい。


プロフィール


佐藤 希久雄 (指揮)

 東京藝術大学音楽学部器楽科トランペット専攻卒業。東京学芸大学大学院(音楽教育専攻)修了。1993-94年ウィーン留学。ウィーン音楽大学合唱指揮科でG・トイリング教授に師事。またウィーン・ジュネス合唱団に参加し、ウィーン交響楽団定期演奏会など数回の演奏会に出演。1994年「ララこども合唱団」を結成し、茨城キリスト教大学児童教育学科の学生らとともに指導にあたっている。これまで茨城大学管弦楽団、柏交響楽団、勝田市民混声合唱団、茨城キリスト教大学合唱団等を指揮。
 現在、茨城キリスト教大学教授。水戸バッハコレギウムの他、合奏団〈アンサンブル・スケルツォ〉を指揮。茨城県新人演奏会実行委員長。茨城県第36回県民コンサート審査委員長。


長澤 順 (オルガン)

 県立水戸第三高等学校音楽科、東京学芸大学教育学部芸術課程音楽科卒業、同大学院修了。イタリア国立ミラノ・ヴェルディ音楽院ピアノ科を首席卒業(デイプロマ取得)、さらに同研究科ピアノ演奏家コースに1年間在籍。高校在学中より演奏活動を行なう。茨城県立歴史館主催で2度のソロコンサートを行なったほか、2000年、水戸カトリック教会において室内楽コンサート「弦楽の森」を開催。渡伊後、ミラノ市郊外でソロ・リサイタル、チェロとのデュオ・リサイタルを行なう。2003年、A・ボッキ財団ピアノコンクール第2位、2004年、ザイラー国際ピアノコンクール、セミファイナリスト、フォルジョーネ国際音楽コンクール、ピアノ・コンチェルト部門第1位、ピアノ・ソロ部門ファイナリスト、審査員特別賞「シューマン賞」受賞。これまでピアノを佐藤篤、秋山千賀子、宮田満、パオロ・ボルドーニ、チェンバロを故鍋島元子、川合由美子、室内楽をマヌエラ・ピエモンティ、ロッコ・フィリッピーニ、オルガンを室住素子の各氏に師事。
 2005年11月、水戸バッハコレギウム第15回定期演奏会に賛助出演。2006年11月、水戸バッハコレギウム第18回定期演奏会でモーツァルトのピアノ協奏曲を共演。
 茨城キリスト教大学文学部非常勤講師。


山崎 法子(ソプラノ)

 平成8年国立音楽大学音楽教育科卒業。平成11年同大学大学院声楽専攻ドイツ歌曲コース修了。これまでに真嶋美彌、長島剛子、片野坂栄子の各氏に師事。
 平成13年渡墺。ウィーン国立音楽大学リート・オラトリオ科(エディット・マティス氏、ダヴィット・ルッツ氏に師事)、並びにオペラ科(クルト・マルム、ディディエ・v・オルロフスキー、ウヴェ・タイマーの各氏に師事)卒業。
 アーノルド・シェーンベルク合唱団(ウィーン:エルヴィン・オルトナー氏指揮)正団員として、コンツェントゥス・ムジクス・ウィーン、ウィーンフィル(ニコラウス・アーノンクール氏指揮)と共演。
 ソリストとしてウィーン、ニーダーエステライヒ州(オーストリア)、ドイツにて教会音楽コンサート、ミサに多数出演。
 平成11年 茨城県新人演奏会奨励賞。友愛ドイツ歌曲コンクール入選
 平成15年 国際ブラームスコンクール入選(オーストリア)
 平成17年 パッサウ市国際声楽コンクール特別賞(ドイツ)
 平成18年 国際ブラームスコンクール第3位(オーストリア)
posted by 水戸バッハコレギウム at 14:00| 過去の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする